【新型肺炎対策】マスクの選び方と種類オススメまとめ

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が世界的に広がる中、予防のためのマスクを購入する人が急増。ドラッグストアなどで売り切れが相次いでいるという。しかし、どのようなマスクがウイルス感染を防ぐことができるのか。ネット上では多くの人が、マスクの選び方について注目を寄せていました。感染拡大のリスクを避けるためには、正しい知識や予防策を頭に入れておくことが必要になります!

これからマスクの種類と選び方について紹介していきます。

口罩全攻略-買口罩點揀-口罩功能

👉 今すぐに会員登録して海外ショッピングしよう!👈
👉友達招待成立すれば200円送料割引👈

ウイルス予防対策!マスクの選び方と種類オススメまとめ

すぐに頭に浮かんでくる質問は、医療用のサージカルマスクとN95規格マスク、どちらの方が有効的にウイルスを防ぐのかという。実はウィルスカット効果のあるサージカルマスクで充分な効果が得られます。N95規格マスクはPM2.5対策にも適しているが、息苦しさが出てしまうので、長時間の使用は適していません。もちろん花粉対策用マスクがよく見られており、通気性や使用感も良いが、一般的な不織布の材質を使われているため、風邪や花粉だけ適しています。ウイルス飛沫を防ぐ効果はありません。

それで、ウイルス対策のサージカルマスクの方がおすすめします。
ただし、サージカルマスクにも透過性によっていくつの種類があります。これから遮断率試験による規格基準を見ましょう。

1. BFE/PFE/VFE


マスクには様々な透過性試験を行い、パッケージにもどのような性能があるのか、どのような基準のテストを通過したのかを表記されています。アメリカには、「Nelson Laboratory Standard」という検査研究所でマスクの性能を検査します。遮断率試験には「BFE」、「PFE」、「VFE」という3つの試験サイズがあり、それぞれの基準でカットできる粒の大きさが異なります。

規格 対象サイズ
BFE (細菌透過率試験)
Bacteria Filtration Efficiency
3 μm
PFE (微粒子透過率試験)
Particle Filtration Efficiency
0.1 μm
VFE (生体ウイルス遮断効率試験)
Virus Filtration Efficiency
0.1 – 5 μm
(平均 2.8 μm)

一般的に、マスクのパッケージには功能によって99%カットで表示されています。新型コロナウイルスを有効的に防ぐため、PFE試験に通過したマスクを選びましょう。BFE試験検査済だけ表示されたマスクは、飛沫感染の予防としてはあまり効果が得られません。簡単にいうと、ウィルス対策マスクの選択はBFEとPFEの検査済マスクを選んでください。もちろん3つの試験を検査済のマスクを見つけることができるなら良いということです。

2. ASTM Level


ASTMとは米国試験材料協会のこと、世界最大級の国際基準化規格制定機関です。マスクの透過率によって3つのレベルがあり、BFEとPFEの規格にも対応しています。レベル3の方は遮断率が一番良い、レベル1の方は防ぐ効果が弱いということです。さらに3つの基準が定められています:Fluid Resistance to synthetic blood(血液不浸透性)、Delta P(圧力損失)、 Flammability(燃焼性)において性能を区分されています。

BFE PFE 血液不浸透性(mmHg) 圧力損失 燃焼性
Level 1 ≥95% ≥95% 80 <4.0 Class 1
Level 2 ≥98% ≥98% 120 <5.0 Class 1
Level 3 ≥98% ≥98% 160 <5.0 Class 1

各レベルに一番大きい違いは血液不浸透性で、マスクの内側への浸透程度が異なります。医療従事者ではない一般人にとってその重要性が低いものだと考えられます。各レベルにおいてBFEとPFEの効率はおよそ3%異なりますが、表示されていないマスクよりASTM Level検査済のマスクの方を選びましょう。

3. KF(Korean Filter)


韓国KFDA(食品医薬品安全庁)の防疫用マスク規格は「KF」と表示しています。「KF80」、「KF94」、「KF99」3つの規格があります。

KF80:0.6μm以下の超微細粒子を80%まで遮断することができます。空気中の花粉やホコリだけ防ぎ、ウイルスを有効的に遮断することが難しいです。
KF94:0.4μm以下の超微細粒子を94%まで遮断することができます。PM2.5やウイルスに強力に防ぐことができます。
KF99:0.4μm以下の超微細粒子を99%まで遮断することができます。PM2.5やウイルスに強力に防ぐことができます。

高機能の「KF99」マスクは値段が高いので、ウイルス飛沫を防ぐこともできる「KF94」の方がオススメです。

4. PM 2.5


パッケージで「PM2.5」を表示されているマスクは、大気中を浮遊する粒子径2.5μm以下の微粒子を防ぐことができます。花粉やホコリなど大気汚染の予防に使われていますが、今回のコロナウイルスに防ぐことができませんので、購入する時にご注意くださいね。


🚩 各国のマスクが品薄となっている状態のため、アメリカの海外通販までご購入することをおすすめします。

👉Buyandshipどのように利用するの?今すぐ利用方法を見よう