【ヴィンテージ入門】古着不滅の魅力!自分らしいスタイルを探そう


 
ヴィンテージは近頃、おしゃれさんに人気だけれど、なんとなく手を出せない?初めて古着を買おうと思っている人は心配するポイントは何なのか。そもそも古着とは何なのか。
今回の記事では、ビンテージの魅力と注意すべきポイントについて語る!


🌟「古着」とはなに?🌟

正直、古着にはっきりとした定義は無いといわれている。古着はusedと言われ、誰かが着古したものという意味がある。だが、古いものと、vintage(ヴィンテージ)と呼ばれこれも古着に含まれる。

古着と聞くと、リサイクルショップにあるような、ちょっとダメージが多いようなボロボロの服を想像してしまう方も多いはず。もちろん、そういった「アジのある洋服」もあるが、古着も多種多様。

「なぜ、わざわざ新品じゃなくて古着を選ぶの?」と考える人もいるだろう。そうだね、新品の方が圧倒的に着こなしやすいだろう。

それでも、古着を選びたい理由はたくさんある。ユーズド古着(お古といわれるもの)ではなく、キレイのままに保存されているアイテムもある。海外にもたくさんのリサイクルショップ専門店が売っているし、ファッションとして楽しめる宝物が多くある!古着の状態はリサイクルショップや個人的な好みによって異なる。

さて、新品ではなく、古着を選ぶ理由をいくつ説明するね!


🌟古着の魅力①:流行に流されない!独特のオリジナルティが出せる🌟

まず、流行に流されない個性的なファッションができることが一番の魅力だろう。

今の時代に作られてアパレルショップに並ぶ衣類は、今年の流行りを見極めて、その年に売れるデザインを作る。ほとんどの人はアパレルショップが出した新品を買って着るので、誰かとかぶってしまうことが時にあるだろう。

一方、古着の場合は長い歴史の中で流行ってきたものや、その時代ごとに必要とされてきた衣類がずらりと並ぶ。色んな時代の、色んなジャンルの服から選べるから、古着は流行を気にせず、自分の好きな服を選ぶことが出来る。

「人と同じものは着たくない」という考えで、ちょっぴり個性を帯びた古着で自分らしいファッションを表現できる。


🌟古着の魅力②:ほとんど一点物で人と被らない🌟

古着は、ほとんどが一点物だから人と全く同じものをかぶって持ってしまうということがない。

アパレルショップで買った新しい服は大量生産されているので、時々同じ服を着ている人を見かけてなんだか残念な気持ちになってしまう人もいるだろう。

古着は基本的に20~30年前のものとさす。その以前は今ほど衣類が大量生産されることも少ないし、さらに現在まで使えるきれいな状態で残っているものとなると限られると、ほとんど1点ものになるのは不思議ではないか。

古着を着ると、周りの人と絶対にかぶらないし、商品ごともそれ違いなので、たくさんの色や柄の中からトレンド関係無く、自分の好みや直感で服を選ぶことで、個性が出て自分らしいファッションが楽しめる。


🌟古着の魅力③:格安価格で良質な商品が手に入れる🌟

「ほとんど一点ものだから古着って高くないか」と思い浮かぶ人がいるだろう。でも、古着の場合は文字通り、人が一度着たのリユースの商品なので安く手に入る。

古着は有名ブランドのものや、新品で買うと高すぎるアイテムも安く手に入る。質のいい古着を取り扱っているお店の場合は、たくさんは買えないような価格のものが並んでいることもある。もちろん、決して全部安いではない。時にもプチプラなのに高見せできるアイテムが揃っているお店はたくさんある。

だから、事前に口コミの良い海外通販サイトを探すこと、それと商品の選び方によって価格の高さが異なる。

「おしゃれは楽しみたいし、できるだけ長く使える良質な服が着たいけど、お金はそんなに出すことが出来ない。」という方は是非、古着で良質なアイテムを探してみてくださいね。驚くほどの安い値段の服も、案外お洒落に着こなせるものから!


🌟古着の魅力④:古着の歴史を触れられる🌟

古着はアパレルの歴史を知ることで、おしゃれのオリジン(起源)に触れることが出来る。

現在の洋服はデザイナーがデザインするわけだが、その際のイメージを膨らませるために古着からインスピレーションを受けるということをよく聞く。それはファッションの流行は繰り返すということだよね。

デザイナーのセンスと、古着から受けたイメージをミックスさせた現代のブランドも魅力的が、オリジナルの魅力もそれはそれで素敵。このように古着に詳しくなれば、いち早く流行を掴めるようになるかもしれない。


🌟海外人気古着のブランド3選🌟
 
 

Pendleton(ペンドルトン)


 
「ペンドルトン」とは、アメリカで創業した老舗のウールウェアやブランケットのブランド。ネイティブ・アメリカンの伝統的な柄がペントルトンの特徴。100%バージンウールのみを使用した高品質なアイテムを作りつづけている。ペンドルトンは数あるブランドの中でもウールの王様と言われている。

高機能な化学繊維があふれている現在、ウールというと少し古臭いと感じる人もいるかもしれない。しかし、「ペンドルトン」のウールは、それらにも負けず劣らない高い付加価値がある。その質の高さから、新品では値段もお高くなっているが、古着であれば手が届きやすいのが嬉しいよね。

一番おすすめのは「チーフジョセフ柄カーキ」だ。男っぽさを演出したいなら迷わずカーキをおすすめ。意外とどんな色にも合わせやすいので、インテリアでも洋服でも使いやすいのが特徴。女性が持っていてもかっこいい!
 
 


Lee(りー)


 
「Lee(リー)」とは、1889年創業のデニムで世界中おなじみ、ジーンズメーカーとしての大手ブランド。その他のデニムメーカより、世界に先駆けてスキニーを作るなど、美脚に見せるジーンズにも力を入れている。

ジーンズの定番ブランドの一つである「Lee(リー)」は、メンズからレディースまで、豊富な種類のジーンズを展開している。表面に凹凸感が少なく柔らかなため、縦落ちが出やすく、色落ちの過程を早い段階から楽しむことができる。履き込むほど流れるような線落ちが全体に出てくるという、独自の魅力が味わえるだろう。

通販サイト売れ筋ランキングによって「オーバーオール」は一位!洗練された雰囲気のデニム・ダック素材を使用したオーバーオール。アクセントとなる各所のステッチングや可愛らしいポケット、ブランドロゴが配されたヴィンテージ感のあるボタン使いなど、細部へのこだわりに魅力を感じる。

 


Barbour(バブアー)


 
Barbour(バブアー)は1894年以来、英国のアウトドアマンに愛用され続けているブランド。オイルドジャケットという他ではあまり見ないジャケットは有名だ。

もともとは水夫や猟師のための防水性・耐久性の高いアウターとして開発されたが、現在ではイギリス王室ご用達にも認定されているほどの質の高いジャケットを生産している。重すぎず軽すぎずの中間の重さの6オンス生地を採用。高い防水性はそのままに全天候向きで動きやすく、悪条件や激しい使用にも耐える厚さ。街着として普段使いはもちろん、ロングスパンで活躍してくれる。

バブアーを代表するロングセラーモデルの「ビデイル」は、乗馬用として開発されたが、サイドベンツ、ハンドウォーマー、袖口のリブなどのディテールは特徴。従来に比べて、腕周りなどがすっきりとフィットする。人々に絶大な人気を誇っている。
 


🌟どこでヴィンテージを買えるのか?🌟
 
日本にもたくさんの古着屋があるが、小さい古着屋だと特に店員さんとの距離が気になる人がいるかもしれない。スタッフが古着に詳しいので、丁寧に古着の特徴的なデザインや年代などを説明してもらうかもしれないが、一人で静かに好きなアイテムを探す人もいるだろう。
 
それに、古着というのはほぼアメリカやヨーロッパなど海外から日本まで輸入した。いろんな費用を加え、結局的に古着屋に並べて販売されている人気アイテムの値段が高騰しているわけだね。
 
こんな時に、海外通販サイトで好きなヴィンテージを購入しよう!古着通販は、店員とコミュニケーションを取らずに、いろんな商品を比べることが出来て、人目を気にせず毎日のように新着商品をチェックすることだってできる。何よりも、日本国内より格安の価格で購入することができるから!

 
ここで購入!厳選海外人気古着・中古品通販サイト
>>>ヴィンテージ好きなあなたにオススメ!海外人気古着・中古品通販サイト10選
 

中古品買いたいなら「ebay」で探そう ⭐
>>>特別キャンペーン!オークションサイトでの購入方法と会員登録の流れ
>>>ebayの売れ筋商品ランキング!イーベイでよく検索される商品を公開!
 
 
👉今すぐBuyandship無料会員を登録して、海外倉庫の住所を使ってお好きな商品を日本へ届く!
 
 
 
 
 
 
📖関連記事:
>>>【2020年最新版】メモリアルデーセール狙え!アメリカ人気通販サイトランキング
>>>【登山特集|2020】人気アウトドアブランドBEST6|海外アウトドアセレクトショップおすすめ!
>>>【2020年最新】Amazon(アマゾン)超簡単買い物、無料Prime会員登録ガイド